Start content

ふらののガラス屋さんができるまで

2000年夏 40年位前に 近所の皆さんに手伝ってもらって

石炭のかす(通称炭がらと呼ばれています)をコンクリートに混ぜて造られたそうですが

たぶん北大沼には現在実在するのは我が工房のみと思われます。

大阪で父親の創業した照明器具製造会社を21歳で継ぎ

45歳で社長になりました。

5年後 会社を次男に譲り 50歳を前にトヨペットコロナ シングルピックアップ(1965年製)車で

日本一周海沿いの旅にでました。

あてのない4ヶ月の旅でした。

その旅の途中 富良野で唯我独尊の宮田均さんと出会いました。

日本一周も無事完了

無事故 無違反 車も健康になりました。

1992年50歳になりました。

年の暮れに富良野にスキーに行きました。

そして私の第二の人生が始まりました。

富良野の大自然に触れ

富良野のたくさんの人達との出会いの中で

私自信のものづくりの気持ちが

少しづつ変わり始めました。

「創る 遊ぶ 寝る 食べる 愛する」全てを

この富良野ででしてみたいと思うようになりました。

千香子とも出会い

家族も出来ました

住むところも出来ました

仕事も出来ました。

山口一城

販売店舗

新富良野プリンスホテル「ニングルテラス」にて販売しています。

詳細を見る

作者プロフィール

山口一城 & 千香子

詳細を見る

作品紹介

制作した、ガラス製品、フェルト製品をご紹介します。

詳細を見る

PAGE TOP